空間認知能力 立体図形

FA研(知育)コース。

てんとうむしノートの立体図形を見て、子ども達はじっくり考えます・・・。

「ん~・・・。あれ~。?」

と言いながら、ノートを立てたり自分が立って覗き込んでみたりしながら考えます。^^

「こうだから・・・。ん~。?」

空間認知能力は、ボール遊びといった運動や勉強にも関係があると研究されています。

事物とてんとうむしノートで、お子様一人一人に分かりやすく取り組んでいただいています。そして、一番大切なことなのですが堀尾先生と一緒に『考える』ことを楽しんでいます!

「ん~。?」ともやもやしていたことが、「あっ!そっか~。!!」と分かった時。この時の子ども達の目の輝きを見ることが、堀尾先生にとって一番嬉しいことなんです。

この感動体験をしている子は、次からどんどん自分で考えるようになります。

自ら考え 自ら行動できる子 を目指します。

そして、立体図形など小さい頃から意識して楽しく学ぶことで小学生になってからの「算数」に大きく影響するので、苦労することも少なくなります。

小学生になってからでは遅いとは言えないですが、幼児期が一番吸収しやすく効果的だということです。

今のうち(幼児期)に経験しておきたいと思っていらっしゃる保護者様、
図形問題で悩んでいる小学生の保護者様 、お気軽にご相談下さい。堀尾先生と一緒に楽しく学んでみませんか?

鉄棒 前回り

ウインターレッスンでアクティブ(体育)コロンブスコースをご受講の年少Yちゃん。

久しぶりの鉄棒では、自分で前回りをしよと思って前に回りかけたのですが元の姿勢に戻りました。(笑)

あんなに前回りが怖くて・・・おなかが痛くて・・・とてもいやな技だったのですが、自分から進んで取り組んでくれている姿を見て感動しました。(驚)

そこから堀尾先生がお手伝い!!

自分で回れるようになるまでサポートをさせていただきました^^

回る度に、

Yちゃん「あ“ぁーーーーっ」ケラケラケラ(大笑)

と大声で叫んでいたのですが、回ってしまったらぜんぜん平気。(笑)

一人でできてしまうと、スキップをしながら鉄棒まで移動するほど楽しんでもらえました^^

鉄棒が「楽しい!」と言ってもらえて、堀尾先生はとても嬉しいです。

「楽しい!」「面白い!」と言ってもらえることが一番嬉しいのは、鉄棒の楽しさ、面白さを経験体験している子の方が伸びしろがあるからです。

この幼少期の経験は、一生忘れないですからね!!

Yちゃん、おめでとう~♪

空間認知能力 ボール

ウインターレッスンのアクティブ(体育)コロンブスコースを受講されました年少Yちゃん。

ボールは丸いので、手から離れるとどこまでもコロコロ転がっていきます。(笑)

いろんな操作をして遊びましたが、先生が投げたボールをキャッチする遊びでは、練習すればするほど上手になっていきました。^^

Yちゃんは、なるべく早く捕まえようと転がるボールを追いかけていました。慣れてくるとリズムをつかみ、キャッチできるようになりました。♪

飛んできたボールの位置(軌道)を瞬時に把握することが必要となります。

空間認知能力を必要とする動きです。

特に、効果的に育てる遊びのひとつに、ボールを投げてキャッチする遊び(キャッチボール)が幼少期には一番いいですね。

お家でボールがあれば、お父さんお母さんと一緒にちょっとした積み重ねで運動が得意になります。

特別なことをしなくても、楽しみながら手軽にできるので是非習慣にしてみてください。

かず・かたち検定に チャレンジしよう!~メリークリスマス~

ウインターレッスンイベント、かず・かたち検定(算数検定)を行いました。

春に検定を受講され今回は次の級を目指されるお子様や今回初めてなので練習してみたいお子様も、保護者様とご一緒に問題にチャレンジしました^^

始まる前に、『新小1準備教室』から参加されている親子さんとご一緒に休憩タイム!たくさん脳を使って疲れた子達が、甘いチョコやジュースのおやつを食べると復活!!すぐに元気になりました^^

そして、堀尾サンタクロースからクリスマスプレゼント!!

今朝は、本物のサンタクロースが来てくれたことでしょう~^^

リラックスしていただいてから、検定問題にチャレンジしていただきました。

かず・かたち検定は、FA研(知育)の『てんとうむし』で学んできたことを全国レベルの内容で、今のお子様の実力を知ることができます^^

カラーペーパーなので子ども達は楽しく取り組んでいます♪

そして、みんなが苦手にしている問題の考え方を一緒に考えたり、保護者様にはご家庭での練習の仕方などポイントをお話をさせていただきました。

保護者様に〇付けをしてもらっている子ども達、とても嬉しそうでした^^

親子でこうして一緒に考え、がんばったことを認めてもらえることが子ども達にとって一番嬉しいことでしょう。そして、何より、楽しさを一緒に共有できることが意欲にも繋がることでしょう。

間違えてもいいので分からなかった問題をじっくり『考える』ことができるようになりましょう~^^

堀尾先生の目標は、

分からなかった問題に何度も挑戦し、それぞれの目標に向かって頑張れる強い『心』を育むことです^^時間をかけてでもトレーニングを続けていると必ず分かるようになります。

問題に根気よく向き合える粘り強さと、自分の目標に向かって努力できる強い『心』を持つことが出来る子は、何をしても頑張れる子になるでしょう。

「分かる」「できる」までの過程を、楽しめるようになると本物!!

これは、これまで子ども達を指導してきて強く思います。

学びだけではありません、スポーツも同じです^^

20年、2歳から高校生を指導させていただいて実際そうでした。

さあ~、堀尾先生と一緒にがんばりましょう。

新小1準備教室[さんすう]~メリークリスマス~

ウインターレッスンイベントであります、新小1準備教室を行いました。

今日は、親子で一緒に[さんすう]を学びました。

FA研(知育)コースで学んできた成果を保護者様にご覧いただきながら、小学校高学年以上になってから必要になる力を身につけるために、今何をしたらよいのか・・・などお伝えさせていただきました。

子ども達は、しっかり先生のお話を聞いてどうしてそうなるのかを考え、答えを導き出しました。どこまで堀尾先生のお話を聞いて内容を理解しているのか、問題に挑戦してもらいました。

小学1年生の問題を、ただ先取りで学習しているだけではありません。

今日している学習は小学校入学後にこのような形で習うということを伝えると、子ども達は「えーーーっ!」口を大きく開けて説明を聞いていました。

『さんすう』と言ったら、すぐにたし算・ひき算の計算をイメージしたからでしょう~。(笑)

そして、保護者様と楽しくゲーム感覚で学んでいただきながら、季節を感じていただけるようにクリスマスバージョンの教材やオリジナルプリントで楽しく学んでいただきました。

2歳から担当させていただいているKくんのお母様から、「本当に通っていてよかったです。」とおっしゃっていただきました。講師冥利につきます。

小学1年生や受験をゴールとしてレッスンを行っていません。

今だけではなく、先(将来)も見据えたレッスンをしております。

この幼少期に経験したことがお子様の成長の目となり、選択肢が広がることになるからです。^^

子ども達一人一人の成長・発達に合わせて、学ぶ楽しさを学んでいただいております。

今回少しお話させていただきましたが、次回は『こくご』を親子でじっくり学んでいただきたいと思います。

さ~、今日レッスンで行った教材プリントをご家庭で楽しく学んでみて下さい^^堀尾先生はたくさん教材を作成し準備をして、時間の許す限りお伝えさせていただきました。たくさんしたから良いということでもありませんので、これだけは・・・ということをレッスンでさせていただきました。

あ~、あれもお伝えしたい、これもしたいということがまだまだたくさんあります。(汗)

またの機会にお伝えし、ご一緒に学べることができたら…と思います。

ご受講頂きました皆様、ありがとうございました。<(_ _)>

堀尾先生も、楽しい時間を過ごさせていただきました。