朝から・・・

朝から盛りだくさんな一日でした。

午前中は、鳥取市内で大きな建物を解体し、土地にし、分譲するという仕事を任されているのですが、その打ち合わせ、並びに作業を現場でさせていただきました。

依頼主のK様にも立ち会っていただきました。この大きな建物で依頼主様の親御さんが飲食店の経営をされていたのですが、数年前に御不幸があり、今は使っておられませんでした。いろいろ処分の仕方を一緒に考えてきたのですが、結局は解体して整地化し、分譲しようと弊社にお声がかかったのです。誠にありがたいと思いました。

まもなく解体工事にかかるのですが、その前に中の動産を確認すると素晴らしい器が出てきました。捨てるにはあまりにも惜しい。津山の照庵で使えるのではと思い、Y料理長を数日前に呼び、見させていただきました。Y料理長も、大変喜びました。依頼主様に購入させていただきたいと申し出たところ、喜んで安く売っていただきました。私達もこれだけのものをそろえようとするなら大きなお金がかかります。お互いにありがたい取引となりました。

そしてY料理長や、Sくん、Iくん、Nくんが津山より片付けに入ったのです。解体を頼む業者のY社長にもきてもらい、下見もしてもらいました。・

皆で力を合わせ、依頼主様に喜んでいただくしたいと思います。

午後は、管理させていただいている借家のリフォーム工事が終わりました。早速明日入居をされますので、中のチェックをいたしました。

また夕方以降は、仕事上仲良くさせていただいているY社長や、Mさんと打ち合わせをしながら食事会を持ちました。

充実した一日でありました。

カテゴリー: 社長日記 | コメントする

決意の春

年度末。節目の3月。いろんな事にけじめをつけ、よき春を迎えたいと誰もが思う季節です。

これまでやってきたことを見直し、そしてまとめ、仕上げたい。新年度は今よりいい状態でいたい。強い気持ちで日々を過ごしています。

明日も頑張ります。

カテゴリー: 社長日記 | コメントする

バタバタ

今日はとてもバタバタしています。
また明日、ゆっくりと書きたいと思います。

カテゴリー: 社長日記 | コメントする

無念・・・しかし・・・

WBC、我が日本代表侍ジャパンは、準決勝でアメリカに負けてしまいました。残念無念です。しかし、監督やコーチそして、選手は本当に力を出し尽くし頑張ってくれました。本当に紙一重の差でしかなかったけど、メジャーリーガーで固めたアメリカはやはり強かった。しかし、侍たちは全く見劣りすることもなく頑張ってくれました。菅野もナイスピッチング。我が巨人の選手達、坂本や小林も本当に頑張ってくれた。誇りに思います。お疲れ様でした。東京オリンピックや、次回WBCでまた頑張ってください。

小久保監督、誠にお疲れ様でした。ここまで楽しませてくれて、野球ファンの日本人の一人として、深く感謝いたします。感動しました。ありがとうございました。

選手の皆さんは各球団に帰り、休む間もなくペナントレースを迎えられます。今年も我々野球ファンを楽しませてください。お疲れ様でした。

カテゴリー: 社長日記 | コメントする

祈り・・・

ただ祈るしかありません。日本人として。

WBCも大詰めの準決勝。負けたら後はありません。あと2試合だけなのです。

今日は先回大会で日本を破ったプエルトリコが勝ち上がり、日本が勝ちあがるのを待ってくれています。おのれ、にっくきプエルトリコめ、首を洗って待っておれ。我が侍たちが、明後日リベンジしてやるからな。

っと その前に、明日アメリカをやっつけなければなりません。アメリカはホームですからきっと恐ろしい程の大応援があるでしょう。メジャーリーガー達で固め、これまでで一番の本気で挑んできています。頑張れ 日本男児。

その大事な一戦に先発するのは、我がジャイアンツの というより、日本プロ野球の 侍ジャパンのエース菅野です。

ここまで、菅野はまだ本来のピッチングをしていません。というか一昨年終盤から、昨年と大切なところで必ず負ける。責任感が強すぎるのか、気が弱すぎるのか、どうにもここ一番で勝てないのです。

なぜなんだろう? 新人だった菅野は、クライマックスシリーズで当時セリーグナンバーワンピッチャーの前田健太に投げ勝ちました。そして、日本シリーズでは球界を代表する大エースの田中のマー君にも投げ勝ちました。その年マー君は24勝負けなしとおそらく誰も破ることができない恐ろしい記録を打ち立てた絶好調の大エースでした。

そんな二人を大観衆の前で打ち破った新人菅野。あれから数年経ち、今や日本球界を代表するピッチャーに成長した菅野です。しかし、この近年は、背負いすぎるというか、妙な責任感と、強すぎるエースとしての自覚が、本来の菅野の良さを邪魔しているような気がします。菅野、お前はいいコ過ぎるのだ。というよりいいコでいようとし過ぎるのだ。無欲で、がむしゃらに投げ、田中のマーやマエケンに勝った、純粋に必死で頑張った新人時代のピッチングを思い出せ。菅野で勝てなきゃ、どうせ誰が投げても勝てない。気にするな。絶対気取るな。国まで背負うな。お前はとにかく後や、今後を考えず、ひたむきに全力投球せよ。そういってやりたい。目の前のバッターを打ち取ることだけしか考えるな。そして楽しめ。

千賀という急成長売り出し中のいいピッチャーがいます。絶好調で、こいつを投げさすべきだという声もよく出ています。
しかし、小久保監督は「菅野です。菅野で負けたら仕方がありません」と言い切り、菅野という選択をしました。

私がもし監督なら、同じ選択をします。千賀もなるほどいいピッチャーですが、ずっと菅野をエースとして引き回してきているわけですから。

私は、最初は、小久保監督をこのアホが・・・とこの日記でも痛烈に批判してきました。しかし、今は違います。選手も成長したけど、監督もとても成長されたと思います。ベンチワークが大変素晴らしいし、何より選手が監督を慕い、信頼しているように見えます。今回の明日の先発菅野という選択もも正解です。もし負けても正解です。

さあ、たくさんの日本人は一生懸命応援します。私も祈っています。負けてもいい。がむしゃらに、純粋にアメリカに立ち向かい、悔いなき戦いをしてください。頑張れ。侍ジャパン。頼むぞ エース菅野。

カテゴリー: 社長日記 | コメントする