確信

午前中はすでに契約いただいていたT様に土地の引き渡し(決済業務)をさせていただきました。T様には素敵な3階建を新築で建てていただきます。
T様、今後もよろしくお願いいたします。

午後は米子に参りました。各教室を視察したり、お客様から依頼をいただいた物件の査定をしたりと慌ただしい滞在でした。
これから鳥取に帰ります。

ところで、毎度のことで恐縮ですが、やはり巨人の事を大変気にしております。

今年の巨人は全く強くありません。観ててイライラするほどの情けない戦いっぷりが連日続きます。

ピッチャー陣はほぼ壊滅状態。名前の通ったピッチャー達がことごとく怪我をし、つい先日までは、出てくる選手を『お前、誰?』って感じで観てました。その無名くん達がいいピッチングをすれば問題はありません。
しかし、彼らのほとんどがことごとく 打ち込まれ試合を壊されるという屈辱的敗戦が何度もありました。
バッター陣も涙なくして語れません。打率のベスト10に誰一人入っていない貧打線。今のレギュラー陣に何年か昔の輝きはありません。

なぜこのチームが1位でいられるのだろう?
よほど広島や阪神の方が選手がそろっていて強そうです。

弱いのに首位。今年のこの不思議な現象を首をかしげながら観てきました。

しかし、この数日で巨人が首位でいられる理由がわかってきました。巨人の中心選手達にかつての迫力はないけれど、その『昔の名前』に他のチームの選手達が遠慮しているのです。

また、大好きだけど、これまでバカにしてきた原監督の最近の老獪な采配も、素晴らしいと思うようになってきました。

巨人の強さは経験値の高さにあります。つまり場慣れしているのです。
リーグ戦の終盤を迎え、優勝を争っている広島や阪神の監督や選手達がガチガチなのに比べ、巨人の監督や選手達は普段通りの野球ができているのです。

やっぱり『経験』や『顔』って重要なんだなと思いました。

巨人は今年も優勝すると最近私は強く確信しています。

カテゴリー: 社長日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です