心に残った話

何年か前、当時JC(青年会議所)のメンバーであった私はある、素晴らしい方を講演会の講師としてお招きしたことがあります。

『日本一勝ち続けた男の勝利哲学』という本を書かれた、秋田県立能代工業高校のバスケットボール部元監督の加藤廣志先生をお招きしたのです。
私は高校時代、青春の全てをかけてバスケットボールにうち込んでおりました。母校の鳥取西高は、その当時バスケ部が全盛期で県優勝はもちろん、中国大会や全国大会でも勝ち上がるようなチームでした。
そんなバスケ少年の私が雲の上の方と大変尊敬していた先生が能代の加藤監督でした。バスケをしている人なら知らない方はいないでしょう。東北の日本海側のいなか町の秋田県能代市で、しかも県立高校で、競技人口の多いバスケットボールで日本一になり続けた素晴らしさ。
高校時代、鳥取県選抜に選ばれ国体に出させていただきました。秋田県選抜チームと練習試合をさせていただき、レベルの違いに驚愕しました。もちろん惨敗です。しかし秋田チームの加藤監督に、試合後、「君はバネとパワーのあるいい選手だね。気持ちも強いし。これからも頑張りなさい。」と声をかけていただきました。感激で足の震えた高校2年の私でした。

JCメンバーの気持ちを高めたいという想いから加藤先生をお招きしたのです。

講演はやはり素晴らしかった。
内容をご紹介するのはまたの機会にして、今日お伝えしたいのは講演が終わってスタッフみんなで打ち上げの食事会をしている時の楽しい会話の中での加藤先生の一言です。いささか長くなりましたが、ここまではマエフリです。

本題に入ろうと思うのですが、手が疲れたので続きは明日書きますね。

ごめんなさい。

カテゴリー: 社長日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です