歴史的屈辱

日本プロ野球界に提案します。

今日も巨人はソフトバンクに2-13と目まがするようなワンサイドゲームで負けました。

全く腹も立ちません。大人と子供以上の差があります。プロ野球のチームが県予選の一回戦負けするような弱い高校と試合をしているようなもの。次元の違いを痛烈に感じます。全く誰が見ても面白くないでしょう。

ソフトバンクはもちろんとても強いのですが、パリーグの他の球団も、圧倒的にセリーグより強いです。この数年、この日本シリーズでも 毎年6月ごろ行う交流戦もずっとパリーグのチーム頑張りセリーグのチームに圧勝してきました。

もう意味がありません。日本シリーズは今年でやめましょう。パリーグのチームが勝つに決まっています。レベルが違いすぎるのです。

提案します。パリーグを日本メジャーリーグと名付けましょう。そしてセリーグを日本マイナーリーグとしましょう。それぞれ独立させて大会を運営すべきです。パリーグをプロ。セリーグをノンプロ、あるいは社会人野球と言ってもいいです。ファームリーグというべきでしょうか?

とにかく今年を最後の日本シリーズとしましょう。巨人の選手諸君 大勢の国民の前であと2日ほど、たくさんの国民のためにその屈辱を味わってください。来年からはこんな残酷な晒し者にされるような目にはあいません。全然リーグが違うしステージも違うのですから。お疲れ様。セリーグは、来年以降パリーグのための育成リーグとなります。しっかり練習しパリーグの球団に昇格させてもらうように精進して下さい。頑張ってね!

カテゴリー: 社長日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です